EARSH GOLD(アーシュゴールド)は、日本の卓越した匠の技と先端技術により作られた24金 金箔革製品です。
日本の優れた技術を結集し、ゴールドのエレガントな輝きを、天然皮革に表現することに成功。
さらに、エンボス加工により、純金の輝きを失うことなく、様々な美しいデザインを、提供することができるようになりました。
EARSH GOLDは、優れたメイド・イン・ジャパンとして、ゴールドの永遠の美しさを、最高のクォリティでお届けいたします。

24金のゴールドレザー

金箔は金属のため柔軟性に乏しく、ガラス、金属、陶器など、静的に固定されたものに貼るのが一般的です。
革のような素材に貼ることはできても、伸縮や曲げたり柔軟性があるため、すぐに剥がれてしまうのが難点でした。そのため、革に金箔を貼った製品は、これまでほとんど商品化されることはありませんでした。
しかし、 EARSH GOLDは日本の先端技術を取り入れることにより、金箔を革に安定的に接着することができるようになりました。
EARSH GOLDは、金箔を皮革に貼ることにより、ゴールドをより身近な製品として提供することができるようになりました。

最上の金沢箔を使用

日本の金箔の98%は、金沢でつくられた金沢箔です。
金沢箔は400年以上の歴史を誇り、金閣寺や日光東照宮などの歴史的価値が高い寺社仏閣をはじめ、様々な建造物や伝統工芸品に用いられてきました。
金箔の最大の特徴は、その限りない薄さです。金を10,000分の1ミリ、すなわち0.1ミクロンの薄さにまで打延ばしたところにあります。わずかな風でも飛んでしまう薄さで、人間の手で直接扱うことはできません。熟練した職人の技が必要となります。
金沢では、金箔に適した気候風土、そして熟練の高度な技が合わさって、最高級の金箔が作られてきました。
EARSH GOLDの金箔もその卓越した金沢箔が使われ、純度99.99%の金箔を使用しているため、純金の輝きを損なうことなく、ゴールド皮革製品として楽しむことができます。

箔移し

多彩なエンボス・デザイン

エンボス加工は、高温と強圧力で型押しするため、金箔が剥がれたり、機械にくっついたりして、繊細な金箔にエンボス加工はできないとされてきました。
しかし、EARSH GOLDは、日本の特殊技術により、高温・強圧力のエンボス加工を可能にすることができるようになりました。
芸術作品として、純金の輝きを失うことなく、様々な美しいデザインを提供することができるようになりました。

金閣寺

メイド・イン・ジャパン ― 最高のクォリティ

EARSH GOLDは、高度な技術を有する職人の磨き抜かれた技で作られたメイド・イン・ジャパン製品です。
金箔貼りは大変繊細で、長い経験と勘により磨き抜かれた金箔職人の技が必要となります。
また、エンボス加工をするにしても、湿度や温度を考慮し、金箔が剥げないよう微妙なプレス技術が必要です。
さらに、縫製にしても、極めて薄い金箔を扱うため、熟達した技を持つ職人による緻密で繊細な縫製技術がなくてはなりません。
EARSH GOLDは高度な技術をマスターした日本の職人たちにささえられ、さらに、日本の特殊技術により、ゴールドの美しさを保ちながら、金箔の良さを最大限に引き出し、世界に例をみないクォリティの高い金箔工芸品が生み出すことができたのです。

????????????????????????????????????

 

ゴールドレザーの強度・耐久性

皮革は柔軟性があるため、金箔を貼っても、すぐにはく離してしまう難点があり、これまで実用化は難しいとされてきました。
しかし、EARSH GOLDは特殊接着剤とコーティングにより金箔と革の密着度を上げることで、製品化に成功しました。
第三者テスト機関のによるJIS基準検査「染色堅牢度(摩擦)」では、乾燥及び湿潤とも4-5級(5級が最上級)を、また、「伸縮疲労試験(デマッチャ式)」の折り曲げテストに対しても「異常なし(金箔はく離なし)」との高評価を得ることができました。
実際に自社の強度テストで名刺入れを2万回開閉テストをしても、金箔がはく離することはありませんでした。
EARSH GOLDの金箔レザーは、摩擦・摩耗に強く、耐久性の優れた商品ということを証明することができたのでした。

品質検査報告書